腹筋を鍛えて、きれいで健康な体にしよう! 腹筋から身体を造る

お腹は男性も女性も気になる部分。「割れた腹筋にしたい」「くびれたウエストにしたい」「ぽっこりお腹をへこませたい」など見た目を気にする方も多いようです。

10代の頃はペタンコだったお腹も30代、40代になるにつれ変化が顕著にみられる場所だからかもしれません。昔は痩せていたのにと変わり果てたお腹を恨めしく見ている方はきっと多いのではないでしょうか。このように見た目がとても気になる部分であるために、腹筋を鍛えて引き締まったお腹にしようと思い立つかと思います。

ですが、やみくもに鍛えても効果があるとは限りません。実際に腹筋を意識した運動をしていてもお腹がいっこうにへこまない、逆に腰を痛めてしまうということになりかねません。

これでは時間の無駄ばかりでなく、腰を痛めることによって体を動かす事に影響がでてしまいます。大切な事は、きちんと腹筋の特徴を理解すること。そうしないと、どんなにがんばっても、ぽっこりお腹はへこまないのです。

逆に自分は痩せているので腹筋なんて関係ないと思っている方はいらっしゃいませんか。結論からいいますとそれは間違いです。そもそも腹筋は体を動かすための筋肉です。

しかしそれだけではありません。腹筋はわたしたちが知らないところで重要な役割をしているのです。つまり腹筋がないと思っている方にもちゃんと腹筋は体についていて毎日、知らず知らずのうちに体の中でその機能を働かせているのです。しかし、運動不足がたたると筋肉は衰えるもので腹筋も例外ではありません。

体のトラブルが実は腹筋の衰えのせいなんて事もあり得ます。体への悪い影響は太っていても痩せていても同じです。

そのためにも普段から腹筋の筋力を維持することが大切であり、弱った腹筋は鍛えてあげることで体のトラブルの予防改善につながります。腹筋の鍛え方についても手軽にできる運動もあればトレーニング器具を使った本格的なものまでさまざま。

しかも運動はそれ自体、余分なカロリーも消費できますしストレス解消にもつながりますので体にとってもいいことです。

このように抜群のスタイルと健康の両方を手に入れるために、腹筋は見逃せないポイントなのです。